探偵事務所の実態

探偵になるには免許やライセンスはいりませんが公安委員会への届出が探偵業法によって必要となりました。

また探偵以外の人が尾行、張り込みなどの行為をする事は禁止されています。

探偵事務所での業務はテレビや映画で見る様な刑事事件を扱う事は殆どありません。 殆どが民事事件に関わる問題ばかりです。特に尾行、張り込みなどを行う浮気調査などの素行調査では1人で調査する事もありません。 通常、最低でも2名1組とペアで調査を実施します。だからこそ探偵個人の能力にはっきりと差が出る職業でもあります。

探偵事務所の主な業務は浮気調査などの素行調査や人探しや家出などの所在調査、結婚調査などが挙げられます。 仕事の割合から言うと浮気調査の依頼が最も多いと言えます。それだけ配偶者や後尾との浮気に悩んでいる人が多いからでしょう。 特に最近では夫からの妻に対する浮気調査が顕著に増加しています。それだけ妻の浮気が増えてきているという事でしょう。

探偵というと尾行、張り込み、聞き込みと調査に携わる事がメインとなりますがそればかりではありません。 まず調査に赴く際の準備が必要です。下調べから始まり、持って行く機材などの準備です。 機材の準備については日頃からその機材の取り扱いには充分に慣れておく事も必要です。 そしてアナログ的な尾行、張り込みをメインに行う素行調査や聞き込みやデータを収集していく内偵調査と各種調査に赴きます。 どのような調査でもまず一番に言える事は根気強さと言えるでしょう。そして機転の利く判断力や、張り込み中の現場などでの洞察力や記憶力も必要とされます。

調査業務が終わってもこれで仕事が終わりではありません。事務所に戻ってから撮影した写真や映像の整理から報告書の作成となります。 報告書こそ探偵事務所が依頼人に提出する唯一の商品そのものです。いい加減な内容であったり、誤字脱字があっても探偵事務所の信用問題にもなりかねません。

昭和の時代ではある程度の情報はいろいろな所からでも入手できましたが、個人情報保護法により個人情報の入手には様々な制限があり、探偵事務所としては正直、やりづらくなった部分も多々あります。しかし、様々な民事問題で悩んでいる人はむしろ多くなってきています。その人たちのニーズに応えるために探偵事務所はあるのです。

最近ではストーカーなどの犯罪者が探偵事務所を利用して情報を集めていた事が社会問題になりました。 探偵事務所としても依頼人の調査目的をしっかりと見極めなければなりません。 この様な人物は調査目的を偽って依頼してくるのが殆どです。 依頼目的がはっきりとしない場合や犯罪目的だと疑わしい場合などでは依頼を断らせて貰っています。 またどの依頼人に対しても調査結果を犯罪に使用しない旨の確約書を提出して頂きます。

これらは「探偵業法」という法律で定められた探偵事務所の義務だからです。 むしろこれらを省略している探偵事務所は信用性に欠けるとも言えます。

信用できない探偵に依頼してしまうとのちのトラブルの元になりかねません。 充分な注意が必要なところであるとともに、優良な探偵であるか判断する材料にもなるのです。

優良な探偵に依頼できるかそうでないかではかなりの違いがあります。 抱えている問題の解決度合に関わることなので十分に留意して事にあたることが望ましいのです。

探偵を人生で数多く利用する方は稀です。ですから、注意しながら堅実な選択で探偵を利用することが望ましいのです。 全ての探偵が悪質な業務を実施しているか?と質問されたならば「悪い探偵ばかりではないけど気を付けた方が良い」と言える実態が探偵事務所にはあると言えるのです。

会社として利益は生まなければならないことはおいといて、報酬分の仕事を全うしたい、依頼者に満足してもらいたいと考える探偵事務所ももちろんあります。 少々の手間はかかりますが、そういった良心的と言える探偵事務所を探し出せるように慎重に選ばれることをおすすめします。

Page Top